スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祈りメール…?

saiyo_canceler.jpg








douiukotonano.jpg
katattekure.jpg

語ってくれ。
スポンサーサイト

えへへ

追い込まれてます、色々と。

tos_kari1.jpg
tos_kari2.jpg
tos_kari3.jpg

果たして完成するのでしょうか。
dkdkwkwk

くすぶるHeartに火をつけろ

昨日と今日とで就職合宿へ行ってまいりました。
その過程でもあるんですけど、だんだん自分が目指す会社の軸というものが見えてきたような気がしてきました。

まだまだ確定してはいませんが、自分なりの就活の「軸」を見つけることが大事だということに気づいてきた。
もちろんまだ揺らいでいる部分もあるし、しっかり固まっているわけでもない。
でも、企業を選ぶ際に自分なりに芯となっているものがないと、まず始まらない。

そこから自己PRだとか志望動機だとかに書いていきますよね。
まず文章化して履歴書なりエントリーシートなりに書いて、書類審査があるとしよう。
この段階では書かれていることだけが選考基準になる。
そうなるとやっぱり人事の目に喰らいつく文章の方が良い。
そして色んな人にアドバイスをもらうなり、添削をしてもらうなりする。
これらをすることは悪くないし、おそらくみんなやってることだろう。
しかし、自分が本当に伝えたいと思っているところを指摘され、別の文章に変えられてしまったらどうなんだろうか。
結果として良い文章に出来上がり書類審査も難なく通るようになるかも知れないが、自分が伝えたかった方向とは少しずれてしまわないか私は不安になる。

みなそれぞれいいところは必ずあって、それは自分のこれまでの経験で見落としているだけで今の自分へと繋がっているはず。
その大事にしまい込んでしまっているものを差し置いて、文章だけを見ていい方向へと導き出されても本当の自分というものは見えてこないんじゃないか。
やっぱり自分のことは自分を信じて最後まで貫いたほうが納得がいくし、相手にも伝えやすいのかなと思う。
他人の手が加わった偽りの文章で勝負するか、自分が導き出した答えで勝負するか。

そういう考えもありなのかなーと思った次第です。
どちらにしても、情報収集が大事。
膨大な知識を持ち、その中で判断力を身につけることが戦線を勝ち抜く第一歩へとつながる。

そろそろ勝負時、ですよね。

結局こうなるわけで

ひとまずクリアしました。
相変わらずストーリーが面白くなさすぎるのは仕方ないね。
雑談スキットは結構楽しみながら見てました。


・ロードがインストールで超快適。
・ダンジョンのマップ移動が見やすく、仕掛けもあり、よりダンジョンらしくなった。
・バンエルティア号の艦内図で、イベントの起こる場所も把握でき便利。
・極端に似たような依頼が削減された。(代わりに依頼内容の難易度が上がった)
・オプション機能に、戦闘BGMいつでも変更、サウンドボリュームが追加。
・生産、鍛冶、服飾、道具が廃止され、料理、ポッポの合成・強化に変更された。
・非戦闘キャラにも経験値が入るようになった。(Lv70まで?)
・レディアント装備が一回で一式手に入るようになった。(戦闘は2対2に変更)


・依頼を受けていないときも、ダンジョンをパッと移動できない。
・砂漠が理不尽に広すぎ
・相変わらずモンスター図鑑埋めが鬼畜
・最初の出会いと終盤近く以外、カノンノが空気
・人数が増えたことで、一部のキャラがサブイベントでの加入扱い



自分が感じたのはこれぐらい。
あとはレベル上げながら、依頼を全部こなして、モンスター図鑑埋めて、称号全部取ってくって感じかな。
結局最後は作業っと。
他にも疑問点とかもあったような気もしたけど、めんどいのでひとまずマイソロ3は中断かなー。

マイソロ3 特典フィルムをマモレナカッタ☆彡

DSC_0050.jpg

ハズレかなと思ったけど↓の発言で目覚めた。
http://twitter.com/#!/fujibayashisei/status/35540905427607552

逆転検事2 クリアとレビュー

DSC_0049.jpg
先ほどクリアしました。
ネタバレしない程度に書いていきます。


・過去最大とも言えるボリュームのストーリー
まず総評は、文句無しの素晴らしさと言えるでしょう。
今作も全5話構成。
第1話からいきなりアクセル全開のボリュームだった。
初心者にとっては少し辛く長めだったかも知れない。
逆に第5話は思ったよりも短かった。
最初に考えさせられて、最後に答え合わせをしていき、そこから分かるものとは…。
そんな感じでした。
タクシューが関わってないのが非常に残念でしたが、その期待を上回る作品に仕上がったと思います。

・テーマを全話を通して完結させ、新たな答えを生み出したこと
今作のテーマも色々ありましたね。
法廷と現場の違いとは。
法のムジュンとは。
そして、検事と弁護士とは。
「逆転裁判2」を沸騰させ、前作以上の伏線回収と全体を通したロジックがよく出来ていた。
前作から今作にかけて御剣が行なってきた事は、《真実》を追求すること。
容疑者に掛けられた疑いから始まり、捜査から現場に潜む闇を照らし出し、事件の真相を暴き、真犯人を有罪にすることだ。
しかし、逆に考えれば容疑者に掛けられた冤罪を晴らすために戦う、その姿はまさに検事ではなく弁護士である。
御剣が追い求める《真実》の先にある道。
「検事として犯罪と戦う」のか、「弁護士として人を助ける」のか…。
果たして御剣の選ぶ道とは。
その先は是非プレイして自分の目で確かめて欲しい。


以下、LIMITED EDITIONの御剣フィギュアとか。

【逆転検事2 クリアとレビュー】 の続きを読む »

やっつけ仕事じゃだめですね

先日とある会社の予備選考に行ってまいりました。
その3日前に、エントリーシートを渡され、3日後に履歴書と一緒に提出と。
地獄のような3日間…いや、正確には1日に詰め込んで書き上げたんですが。
何とか書き上げたのは良かったんですが、清書がまだで気づいたら電車の時間に間に合わなくなってしまったので、仕方なく電車内で清書した。
昼時だったので人もあまりいなく助かりました。
何とか無事に選考に間に合い、提出できましたと。

ちゃんと前もって準備して、余裕を持って試験に望みましょう。
これでも考え抜いたんですけどね…。
通ってるといいですが、結果待ちです。


さて、明日マイソロ3発売ですね。
すっかり忘れてました。
とりあえず主題歌は確保した。
Remixが前回より手抜きな感じが否めない。

ゼミ食事会

そんな余裕ないです、が本音ですが行って参りました。
普段のゼミは各自室内にこもって研究するだけなんですが、ゼミ担が食事会をやらないかってことで、珍しく外でのゼミということに。
そこで初めて4年生の先輩と顔合わせしました。
もうゼミに入って1年経とうとしてます。
普通ならとっくに顔見知りでなければおかしいと思うんですがね…。
まぁゼミによってはこんなもんです。

そこで中華料理のバイキングを食べました。
それはいいんですけど、先輩たちとの交流というか話し合いはほぼ無く、黙々と食事をして終わった。
何故こうなったかはお察し下さい。
場所も関係してたような気もするけど…。


そんなこんなで、明日予備選考があるのでしんでくる。

説明会ぶっぱ

更新サボっててすみません。
流石に状況が厳しくなって参りました。
今後どのように動くのか、動いていけるかで大きく変わってくるんで、勝負どころなんです。


えーっと、「話しかけた人数」なんですけど…、ひとまず保留という形で。
まだまだ検証見込みはあるようなので、しばらく他の検証組にお任せしたいと思います。
ここの記事を見て調べる原動力になったのなら、嬉しい限りでございます。
是非740人目指して頑張ってね!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。