スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転検事限定版届いた

gyakuken_02

中身はこんな感じ。
gyakuken_01

特典DVDは後でゆっくり見るとして、まずはゲーム本編をプレイ。

とりあえずあサクっと第1話クリアして、現在第2話の前編。

従来と異なり、プレイヤーは御剣となり、実際に現場を捜査して事件の真相に迫るのが目的。
画面内で走ったり、ちょこちょこ動いたりするキャラクターが新鮮でかわいらしい。

話はテンポ良く進んでいき、事件の真相が見えてくるにつれて段々面白くなってくる。
成歩堂のときは、パートナーと共に事件の謎を試行錯誤して発想しながら進んできたが、今回は自身が御剣になったつもりで真相を考える「ロジックモード」があり、事件のポイントをつなぎ合わせてロジックを組み立てることによって、話が進んでいくというもの。
もはや裁判ではなく、普通に推理ゲーである。もちろん裁判の要素もあるが。

BGMがオーケストラ風になっていて、どれも良曲ばかり。
推理対決時には3段階変化し、かなり燃える。

スピンオフではあるが、かなり面白い。
成歩堂と違って御剣がどんどん推理して話が展開していくので、逆転シリーズとしてはかなり新鮮かつ違和感も。
もうみっちゃん主役でいいよ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。