スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今での放置理論は失敗かも知れない

まず前提として「経験値をガルドに変換」を購入しているとします。

えー、今まで書いてきた秘奥義稼ぎ放置なんですが、
放置場所としてガルディアシャフト上層で放置していました。

ここはラストダンジョンということもあって、敵もかなり強く、レベル差がありすぎて簡単に敵は倒れません。
そこでと思い、以前の私は前回のリチャードの秘奥義稼ぎの方法とは逆の方法を取りました。
その方法は、敵が硬いので「1戦闘内でのエレスライズ時間を引き伸ばし、秘奥義の機会を増やす」といったもの。
敵が硬いとコンボ数も増えて、ヒット数秘奥義も最大限に活かせるのでは、と思ったのです。


ここまでが以前説明してきたことです。


しかし、先程スニーク研究所地下2階の例のところへ場所変更をしてみたところ、秘奥義発動回数が約2倍に増えました
ここでの方法は、以前リチャードの秘奥義稼ぎと同じ方法で、「敵を倒すとエレスゲージ増加」の称号を装備して戦闘回数を増やす戦法に変更
するとどうでしょう、ガルディアシャフトの時よりかなり早いスピードで秘奥義を出すようになりました

前回書いた記事通り、秘奥義発動タイミングはオートだと短くなってしまう。
しかし、敵を倒すことで、大抵はそこでコンボを中断し、待機状態を経て、次のターゲットへ向けて攻撃を開始する。
この待機状態が秘奥義へ繋ぐ最大のタイミングなのである。

結局は以前のリチャードの秘奥義稼ぎの方法は、かなり効率の良かった方法だったみたいです。
リチャードの時は秘奥義1つだし、ひたすらヴァーテクス・ローズのみを稼ぐことを考えればよかったんですが、今回は6人×3つの秘奥義ということで選択肢が広がったため、逆に無駄な考えを持ってしまっていたようです。

とりあえず今日からスニーク研究所の方で、放置状況を検証していきたいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。