スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理熟練度マスターへの道

今しがたGBA版の料理熟練度全員分マスターし終わりました。
PSP版の時はあんまり感じなかったんですが、これこんなに掛かりましたっけ…?
何か総プレイ時間の約半分の15時間も掛かったんですが。
なぜ、こんなにも時間が掛かってしまうのか、一応ファンタジアの料理についてまとめておきます。


■必要食材の偏りが激しい
例えば「にんじん」が必要な料理があるじゃないですか。
何とファンタジアでは「にんじん」が必須な料理が7品もあるんです。
つまり、「にんじん」が無くなった時点で7品の料理ができなくなり、買い出しに行かないといけなくなるんです。
基本的に15個(PSP版では最大20個)までしか持てないので、買い出しの回数が多いこと多いこと。


■熟練度マスターまでの料理回数がキャラによって違う
忘れている人のために今一度確認。
ファンタジアはキャラによって料理熟練度マスターまでの料理回数が違います。
例えば、最初から作れるハンバーガーをマスターするのに、クラースは7回でマスターできるが、アーチェは50回も料理しなければならない。
このように特にアーチェはかなり料理しなければならないわけです。


■実際に必要な料理回数比較
料理熟練度がキャラクター毎に設定されているのは、実は藤島テイルズシリーズ定番だったりします。
最近のヴェスペリアとファンタジアでは、マスターするのにどれほどかかるのか比較してみましょう。

●ファンタジア勢
・料理に成功した場合、熟練度に加算される。
・マスターするのに必要な料理回数はキャラによって決まっている。

クレス    414回
チェスター 347回
ミント    309回
クラース  278回
アーチェ  603回
すず     236回
合計    2187

●ヴェスペリア勢(PS3版)
・料理するごとに10~30の料理経験値がランダムで入る。
・料理経験値が100になると、熟練度が1段階上がる。 
※今回は毎回料理経験値が20入ったとして、25回料理すればマスターできるとする。

料理品数 平均料理回数  キャラクター数      合計
  41   ×   25    ×    9      =  9225


「あれ?ヴェスペリアの方が断然掛かるやん」と思った方も多いかと思います。
しかし、ヴェスペリアはグレードショップでアイテムを最大99個まで持たせることができます。
これにより買い出しの頻数がかなり減ります。
とはいえ、回数が回数なので、やっぱりヴェスペリアの方が時間掛かっちゃいますね。


結論:多分料理をするより、買い出しに行くという作業が「時間が掛かった」と感じたのでは?

要するに料理とかただの作業です。
いつになったら藤島テイルズもオート料理採用してくれるのかな。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。