スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wii版グレイセスによって犠牲になったものたち

その1.ダウンロードコンテンツ(有料や限定もの)

・本編で入手できないDLC専用衣装称号
 12個×400=4800Wiiポイント

・タイアップなどの特殊DLC(シリアルコードのみ)
 BoA「まもりたい-White Wishes-」グレイセス盤 - 1,050円
 テイルズオブグレイセス予約特典 - (予約特典)
 集英社攻略本テイルズオブグレイセス守護の書特典 - 1,250円
 テイルズオブグレイセス公式コンプリートガイド - 1,900円

※残りは全て本編で入手できる、あるいは固定コードなので除きます

もし上記の限定DLCを全て購入された方は、推定9,000円を費やしました。
DLC目的じゃなくタイアップもの買った人も含まれます。

ちなみに私は8000円費やしました。


その2.プレイ時間

例1)第1次バグ騒動
それは2周目へ突入した時であった。
某掲示板などで、「2周目でアンマルチアの鍵が取れない」という報告があった。
対策をとってみたら、今度は「話しかけた人数が増えない」という報告が出た。
結果これらの弊害によってアンマルチアの鍵を取ってしまった時点で周回プレイにおいて支障をきたすことが判明
しかし、気づいたときにはもう既に私は「アンマルチアの鍵」を取ってしまっていた。
さらにいうと「砂漠に埋もれた遺跡」も既にクリアした後であった。
そして、私は静かにニューゲームを始めた。

例2)称号全取得への道
グレイセスにはシリーズ最多の称号数がある。
この称号を全て取得するには、全術技の使用回数を最低1000回は使用する、各キャラ毎にアイテムを1500回取得するなど、普通にやっててもまず取れないだろうと言わんばかりの条件がある。
他にもサブイベントなど完璧にこなさないと、到底たどり着けない道のりである。
中には途中離脱するリチャードの称号まで全部取った人も少なくない。

異例)全術技使用回数カンストへの道
誰がこんなことを思いついたのか。
何故結果は分かっていても尚、無駄なことに立ち向かうのか。
何が彼をここまで引き立てるのだろうか、理由は分からない。
しかし、1500時間以上経過してもまだゴールは見えなかった。
そして、先日の移植報道を聞いた。
「たとえ何度裏切られても、必ず同じ道を選ぶ」
まだ彼の戦いは続いている…。


その3.アップデート版
ついにバンナムのバグ対応がきた。
現在のディスクを、バグが修正されたディスクと交換するという形だ。
この間に店舗でも初期版の回収がされ、アップデート版が並ぶようになった。
しかし、もし初期版だけにあった要素が修正されたら…、あるいはコレクターとして、修正前ディスクも持っていたい!という人も中にはいるわけです。
結局ダメなバグだけ修正されて、役立つバグは残してくれた。
そして既に移植版の制作をしていたかも知れない。
「たとえ何度生まれ変わっても、必ず同じ道を選ぶ」



金とは 時間とは
その答えを知ったとき、俺達は選択を迫られる
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント下さってありがとうございます~。

まぁ…そういうことですよorz
何が正しいかなんて、自分で判断しないといけないので、あんまりネガキャンするのも良くないですよね。
それ自体不快とする人もいますから。
とはいえ、私はまだWii版を投げるわけにはいかんのです。
これぐらいでヘコタレませんとも!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。