スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通常編と未来への系譜編について

グレイセスf発売まで残り2ヶ月半切っておりますね。
ついでにいうと今年もあと3ヶ月ちょいで終わりですね。

最近特に書くネタが無いので、予想ネタでも書いておく。
ストーリーのネタバレ含むので、一応閲覧注意。


Gfでやっぱり一番気になるといえば、「未来への系譜編」の存在について。
“本編の続編にあたる”と謳っているが、疑問なのは実際どのような状況からプレイすることができるかだ。

①「通常編」クリア後、そのまま「未来への系譜編」へ突入する場合
「通常編」のラスボスであるラムダ・アンゲルスを倒し、エンディング後にセーブした後そのまま「未来への系譜編」に突入してしまうとどうなるのか。

Wii版では、エンディング後のセーブから再開すると、ラスボス前のセーブポイントから始まり、さらにそのセーブポイント付近で発生するスキットを見ると隠しダンジョンへのフラグ発展。
さらに隠しダンジョンをクリアすることで、ラスボスが強化され、名称もラムダ・テオスとなり、エネミーブックに別に追加されることになる。

要するに「通常編」でいう本編クリア後の各要素が無かった事にされて、「未来への系譜編」へ行ってしまうことになる
「未来への系譜編」にゾーオンケイジが存在するのはいいが、ラムダ・テオスの存在が無くなってしまうことになる。
そもそもゾーオンケイジのイベントにラムダ関連が含むため、色竜や大星竜の会話内容を変更せざるを得ない。
>もしかすると、追加イベントでアスベルさんの体内で力を蓄えたラムダが「我と戦ってみないか」的なノリで、アスベルから分離して戦えるかもしれない・・・ グレイセスifにご期待ください


②「通常編」クリア後で一区切りして、タイトル画面などから選択式で「未来への系譜編」へ突入する場合
一番有力と思われる説を書くとするならば、まず「通常編」をクリアしてセーブした後タイトル画面へ戻るとしよう。
このときプレイヤーは2つの選択をすることができる。
1つは前回のデータを再開して、クリア後に行けるゾーオンケイジや、やり残したことができる「通常編やり込みルート」
もう1つは、エンディング後のストーリーが始まる「未来への系譜編ルート」

「通常編やり込みルート」はWii版のときの変わらず、クリア後要素のゾーオンケージへ行ったりして、クリア後のセーブデータならいつでも2周目へ行ける状態になる。
ブックコンプのために必須になるだろう。
「未来への系譜編ルート」は、その名の通り本編の続きが楽しめるルート。
ただし、通常編クリア時のレベル、アイテムなどをそのまま引き継げるかは微妙なところ。
①でも同じことが言える。頑張ればLV200から突入できますし…。
「未来への系譜編」におけるラスボスを倒し、真のエンディングを迎えた後セーブし、「未来への系譜編」が再開ができるかも謎。
>「未来の系譜編」では「通常編やり込みルート」と差別化を図るため、探索できる場所を一部規制、あるいは地形マップ自体変更される?

また、このルートで新たなアイテム、称号、スキットがある時点で一部のレコードにおける収集率が変更になるのか。
【例】
ソフィのスキット収集率の割合が「未来への系譜編」を含むのか否か。
そうなると「雑談コンプリーター」を取得するならば「未来への系譜編」へ進まざるを得ないことに。
スキット100%へのハードルが更にアップ…。


①はまずないだろうね。
②もありっちゃありだけど、何か違う気がする。
通常編と未来への系譜編の間をどのようにするのかがすごい気になる。
あとグレードショップもね。
アクセルモードってどうなるんだろう。
称号によるスキルの1つなのか、はたまたエレスライズシステムのように、ストーリー進行で使えるようになるものなのか。
引き継げるなら前者がいいな。
バンナムがどのように調整してくるのか、すごい楽しみで仕方が無い。
そしてシステムが絡み合いまくって、レコードがバグらないかドキドキもしてます。


めんどくさい仕様をこれ以上増やさないで欲しいのが一番の願いかな…。
コメント

No title

アクセルモードはTGS体験版のアスベルのスキルにそれっぽいのが付いてたので、秘奥義と同じ扱いと思われる。

情報ありです!
やはりそうでしたか…。
これなら引継ぎで通常編でもアクセルモード可能か。
イイネ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。