スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転検事2 クリアとレビュー

DSC_0049.jpg
先ほどクリアしました。
ネタバレしない程度に書いていきます。


・過去最大とも言えるボリュームのストーリー
まず総評は、文句無しの素晴らしさと言えるでしょう。
今作も全5話構成。
第1話からいきなりアクセル全開のボリュームだった。
初心者にとっては少し辛く長めだったかも知れない。
逆に第5話は思ったよりも短かった。
最初に考えさせられて、最後に答え合わせをしていき、そこから分かるものとは…。
そんな感じでした。
タクシューが関わってないのが非常に残念でしたが、その期待を上回る作品に仕上がったと思います。

・テーマを全話を通して完結させ、新たな答えを生み出したこと
今作のテーマも色々ありましたね。
法廷と現場の違いとは。
法のムジュンとは。
そして、検事と弁護士とは。
「逆転裁判2」を沸騰させ、前作以上の伏線回収と全体を通したロジックがよく出来ていた。
前作から今作にかけて御剣が行なってきた事は、《真実》を追求すること。
容疑者に掛けられた疑いから始まり、捜査から現場に潜む闇を照らし出し、事件の真相を暴き、真犯人を有罪にすることだ。
しかし、逆に考えれば容疑者に掛けられた冤罪を晴らすために戦う、その姿はまさに検事ではなく弁護士である。
御剣が追い求める《真実》の先にある道。
「検事として犯罪と戦う」のか、「弁護士として人を助ける」のか…。
果たして御剣の選ぶ道とは。
その先は是非プレイして自分の目で確かめて欲しい。


以下、LIMITED EDITIONの御剣フィギュアとか。
DSC_0036.jpg
もちろんLIMITED EDITION買いました。

御剣怜侍フィギュアがついてきます。
DSC_0043.jpg
ポージングがステキ。
DSC_0044.jpg
なかなか良く出来てますね。
DSC_0045.jpg

あずにゃんとツーショット。
DSC_0048.jpg
圧倒的存在感である。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。